職人
interview
4

神様、仏様は24時間、365日、
常に見てはるわけやから
絶対にごまかしはできない。

伊勢神宮の遷宮も担当する
森本錺金具製作所に
伺いました。
(1)

Traditional Craftsman
interview 4
KAZARIKANAGU
Morimoto Yasunosuke
錺金具
4代目 森本 安之助

空間デザインコース 2年
溝部 千花

伊勢神宮の遷宮も担当する「森本錺金具製作所」4代目 森本安之助さんにお話を伺いました。
お雛様や襖の取っ手、寺社仏閣やお城など幅広く金属を手がける錺金具師。
先代から受け継いだ、2000種類以上ある鏨(タガネ)の中から文様に合うものを探し、4つの打つ・1つの彫る工程で繊細な文様を作り上げます。
工房にはティーン カーンと金槌の打つ音が鳴り響いています。

 

(1)_ 神様、仏様が24時間、常に見てはる

錺金具(かざりかなぐ)の素材はなんですか。

銅です。
銅は昔、日本に産地があり調達しやすかったんです。
銅は装飾的な加工に向いているけど、柔らかくて強度がないから、
農耕具や漁具など生活用品には鉄が多く使われていました。

神社仏閣ごとに錺金具の模様が違いますが、決まりや意味はありますか。

神社仏閣やお城にはそれぞれの紋があります。
徳川の三つ葉葵、豊臣家の桐紋、桔梗 は加藤清正の紋。
菊と桐は日本古来の文様です。
それ以外の文様的なものは唐草模様や唐花など、仏の世界に咲くという架空のものを
仏教系は使う。
神社関係は唐草や、波などを図案化したものを使っています。
釘や大工さんの差した栓などを隠すためにも“釘隠”という錺金具が使われています。

技を習得するのにどれほど年数がかかりますか。

個人差はあるけど、一通りの仕事の流れを理解するのにだいたい10年かかります。

20年に1回、遷宮を通じて技術が伝承される。

全部の工程を1人の方がやられるんですね。

そうです。
うちの重要な仕事のうちに、伊勢神宮の遷宮(せんぐう/今建ってると ころの隣に同じものを建てて、神様をお遷しする)が20年毎にあります。
神様に常若の精神(常に新しい精神)で家に住んでもらおうというものです。
遷宮を通じて、20年に1回その技術が伝承される。
20歳で見て、40歳でちょっと手伝って、60歳で自分が、という流れで仕事を覚えますから、
10年で一通り分かるといっても20年経たないと遷宮の仕事を経験できない。
特に伊勢の仕事は非常に細かく、高度な仕事なので10年ではまだまだ。
どれだけ年数を積んでも普段の仕事でこれほど高度なものは少ないので、
伊勢の仕事に関わる時は手を慣らしてから本番に取り掛かります
20年毎にお遷しするのに、錺金具の製作は約10年前から準備します
私は2回、伊勢神宮の遷宮に携わらせて頂きました。

 

遷宮に関わる職人さん同士繋がりは、ありますか。

遷宮に関わる木工や、屋根を葺く人、金具、装束など関係者の繋がりは広く長いです。
京都の職人が圧倒的に多い。
やっぱり京都には、技や仕事が残っています。
三千家十職あるでしょ、京都には。

毎日の信仰が形になる。
神様、仏様は24時間、365日、
常に見てはるわけやから、絶対にごまかしはできない。

 

“森本安之助”襲名するのは、なぜですか。

明治10年創業で、“森本安之助”という名前がある意味ブランド名のように昔から知られているから、技と共に名前を引き継ぐ、伝承するということを思って、
2代目からこの名を戸籍から変えて継いでいます。

一流になるために心がけていることはありますか。

大事なのは気持ちだと思います。
ものを作るんじゃなくて、結局この仕事は信仰なんです。
神様、仏様を美しくお祀りする、崇める気持ちを製品として形にするんやけど、
毎日の仕事に向かってること自体が信仰なんです。
毎日の信仰が形になるわけです。
神様、仏様は24時間、365日、常に見てはるわけやから、絶対にごまかしはできない。
普段の生活でも常に意識している、気持ちが大事やと思います。

つづく

 

What are Kazarikanagu made of?

They’re bronze. It was easy to get bronze before, because there were so many bronze mines in Japan. Bronze is well suited for decorative things, its too soft and not strong enough to use for tools. So we often use iron for farm tools, fishing tools, or houseware instead of bronze.

Do you have rules and meaning for the different patterns of Kazarikanagu? Because we know that each shrine and temple has unique designs.

Every castle, shrine, and temple, has its own symbol. The famous generals all had family symbols, for example, the Tokugawa family had a “Mitsuba Aoi” (Three leaves), the Toyotomi family had a “Kirimon” (Paulownia flower pattern). The flower “Kikko” represents the general Kiyomasa Kato. The Kiku (Chrythantemum) and Kiri (Paulownia) are famous symbols in Japan. Kazarikanazu are also used in Buddhism and Shintoism, but with some differences. In Buddhist culture, we use some motifs like a foliage scroll, a Karahana flower pattern because those flowers are associated with Buddhism. In shintoism, we also use natural motifs but in more abstract patterns. Actually, Kazarikanagu is not only for decoration, we use it practically too. There’s a technique called “Kugikak- ushi”, this technique is still decorative but its main function is to hide nails and plugs under the Kazarikanagu.

How many years do you need to learn the technique of Kazarikanagu to be a master?

It depends on the person but, usually it takes 10 years to get the basic knowledge.

I heard that the whole work process will be done by the same craftsman.

That’s right. One example is “Sengu of Ise Shrine”. (Ise Shrine is the most important shrine in Shintoism. Every 20 years, a new shrine is built next to the old one). We do this because we would like the God to live in a new, clean home so the God will feel mentally refreshed and clear. We do this job every 20 years and pass down our techniques to the young craftsmen.When a craftsman is about 20 years old, their first task is just to see how we work. The next step is helping masters with their jobs a little bit when they are in their 40s, and finally when they’re in their 60s, then they will do everything on their own. Earlier I said that at least 10 years experience is required to understand general jobs. Normally that’s true, but for this job you can’t do it even after 20 years of training. This job demands extremely high skill and techniques so 10 years isn’t nearly enough to understand it. This event happens every 20 years, but we start on this project 10 years before then. It’s a long process so we need a lot of practice for it. In my case, I completed this job twice in my life.

Do you have close connections with other types of craftsman who are also involved in this “Sengu” event?

Yes, we have many close connections with carpenters, metal workers, traditional tailors, roofers… Many of these craftsmen are from Kyoto, because I think that Kyoto still remains many techniques and traditional work since ancient times. We have a saying in Kyoto, “Senke-jissoku” (10 different traditional crafts, mostly involving the tea ceremony).

Why did you inherent the name “Yasunosuke Morimoto” from your master, instead of using your real name?

We started this business in Meiji 10 (1877), ever since then, this name has become well-known and like a brand in a way. I wanted to take over our family skills and name to hand down the skills to the next generation. Since the second generation, each master has inherented this name, and recorded it on the family register.

What’s the mindset of a master?

The important thing is your mind. This job is not just making something, it’s like faith. Of course we produce things that express our beliefs, we would like to decorate the god and Buddha beautifully. But we do everything with faith and absolute reverence. We create our art as an act of devotion. We can’t cheat in our jobs because we believe that the Gods and the Buddha are watching us 24 hours a day, 365 days a year. I always keep this in my mind in ordinary life even when I’m not working.