キョウトに
会いにいく
1

I met MAGIC MIRROR

イタリア人
イレネが出会った
京都と職人

Kyoto
Report #1
by Irene Delvai

4月にイレネという女学生がイタリアからやってきた。
顔が美人というより、かわいい女子だ。
生まれもイタリア。
彼女は今、ボゼン・ボルツアーノというところで「デザイン」の勉強をしている。
そのイレネが京都造形芸術大学に交換留学でやってきて
半年間、京都に滞在することとなった。

そしてKYOTO T5のディレクターである、酒井先生のクラスにイレネは偶然入り、
「京都のリサーチをしなさい」
「せっかく京都に来たのだから、イタリアでできることをする必要はない。
京都でしかできないことをしなさい」と言われて
京都をぐるぐる回ることになった。
そんなイレネが京都の職人と出会ったお話です。

 

 

(1)_ I met MAGIC MIRROR


ある雨の火曜日、初めて京都の博物館へ行きました。
京都の伝統をもっと知りたいという好奇心から、伝統工芸の博物館を選んだのですが、その博物館はあたかも土産物店のようで大部分は売り物でした。
もしかするとこの類の博物館の多くは観光客のための場所なのかもしれません。

でも何か新しい物事を見つけたいデザイン学生としては、
少し不満と失望の感がありました。

A rainy tuesday I went for the first time in a museum in Kyoto. Moved from the curiosity to discover something more about the traditions of this city I choose the Art and Crafts museum, hosting all the 74 categories of traditional crafts typical from the city. The museum looked to me like a big souvenir shop, most of the pieces were on sale, and due to the high number of crafts exhibited was hard to focus on something. I felt quite lost, trying to concentrate on a specific craft but constantly being distracted by something else. And even when I menage to do it, I discovered that the given information were extremely vague. Probably is an interesting museum for a normal tourist, but as a design student willing to discover the secrets behind traditional crafts, a light sense of frustration and disappointment started to fill me.

 


1時間後、スタッフが閉館時間をアナウンスしています。
出口に向かうと、ショーケース(ボタンがついてる)がありました。
Push me」とプレートに書いてあり、
こういうとき、私は自分の中の子どもな部分を止めることができません。
押すしかないのです。
ショーケースの中に鏡があって、ボタンを押すと光が鏡に差し込み、
そして反射光を壁に映します。
丸い反射の中に、十字架像のキリスト教の像が見えました

??

私は混乱しました。
なぜ、どうやって平らな鏡の反射光が壁にイメージを映し出せるのか。
それにどうしてキリスト教のイメージなのだろう?

私はその不思議な物の名前を書きとめて、
インターネットで調べてみようと思いながら家に帰りました。

After an hour the staff informed me that the museum was about to close. Going to the exit I passed a showcase, close to which there was a button. “Push me” was written on a plate. In these moment I can not contain my inner child: I stopped and pushed the button. A light pointing on a the mirror inside the showcase switched on, and project a reflex on the wall. Inside the bright round reflex, the well-known christian figure of the crucifix was clearly visible. I was confused: how was it possible that the light bouncing on a flat surface was creating a reflex with an image inside? And why a christian image? I wrote down the name of that mysterious object and I went home hoping to find some information on internet.


その夜、私はGoogle「Magic Mirror」を検索してみました。
江戸時代、ポルトガル人がキリスト教を日本に伝えたのだということを知りました。
それからある時期までは、幕府がキリスト教を許さず、弾圧されていたことも。
だから、当時キリスト教の信者は宗教的なアイコンを隠さなければなりませんでした。
Magic Mirrorは、この時期のシンボル的な存在であり、
日本におけるキリスト教の歴史にとっても重要なものです。

That night I sit in front on my computer and I typed “magic mirror” on the Google’s search bar. I discovered that during the Edo Period the Portuguese arrived in Japan carrying and spreading the Christian religion. By the time, the government wasn’t really open on the matter of new religions and started to perseguite the new christians. For this reason they had to hide all the religious icons. The magic mirror is the symbol of this period and a really important object for Japanese christians.

 


Magic Mirrorは、見た目は普通の丸い鏡のように見えます。
しかし謎なのは、光を反射させると、反射した光には全く違う像が浮かび上がるのです。
私はMagic Mirrorについて調べて、色々知ったけれど、ほぼ全部のサイトが同じ人を紹介していました。

Akihisa Yamamoto

 

The Magic Mirror look like a common ancient round mirror, on one side a reflecting surface, on the other a bas-relief. The mystery lays in the fact that the image in the visible bas-relief is not the same as the one visible in the reflex. Most of the information I found were deeply connected to the name of a man: Akihisa Yamamoto, apparently the last craftsman in Japan mastering this technique.

 


次の日、私はまだ興奮していました。
そして、授業で先生にMagic Mirrorについて、話をしてみました。
すると「Magic Mirrorを作れる職人は日本で1人しかいないのを知ってる?」

私がうなずくと彼は続けました
「彼のことを知っているから、もしもっと興味あるなら紹介するよ」と言うのです!
私は驚いて、マニア的でした。

そして、トントン拍子で話がすすみ、土曜日に会えることになりました。
通訳が必要だったので、魔鏡に興味のある同じ留学生のダミアンも一緒に行くことになりました。
少しだけ日本語が分かる友だち。

The day after I was still excited by my discovery and I decided to mention the Magic Mirror during a presentation I did about Kyoto traditions for one of my class. Professor Sakai looked at me and asked: “Do you know that there is only one craftsman left in Japan still making these kind of mirrors?” I nodded. He kept on: “I know him, if you like I can introduce you.” I was surprised and enthusiast, he fixed a meeting for the same saturday. When I explained my friend Damien the story of magic mirrors he looked really interested too, and since I was looking for someone able to speak Japanese to translate for me, he decided to join me.

つづく