京都文化
トリハダ通信
0

“基礎美術”って何?

「京都文化トリハダ通信」の
はじまりのお話

Kyoto Art class
Report #0
“What is Kyoto art?”

(0)_“基礎美術”って何?

突然ですが、「基礎美術」と聞いて、何を考えますか?

美術の基礎なのか。
大学4年間で基礎をし続ける、
ということなのか。

そもそも基礎って何?
美術って名前はついているけれど、
一体何をするのだろう。
中学、高校の「美術」は基礎じゃなかったのか。

他にも思うことはあると思いますが、
こんな考えを浮かべた人は、
きっとたくさんいるのだろうな、と思います。

京都造形芸術大学の基礎美術コースの
“基礎” とは、

日本美術の “基礎”。

 

 

「茶」「立花」「能楽」「作陶」「禅」などという
時代の最先端で通用する日本の伝統文化は、
ほとんどが室町時代の、京都で生まれました。

京都を学ぶことから、日本を学ぶ。

このコースは、様々な分野の、実際にその道で 生きている先生の方々から、
実践的な授業を受けます。
授業というよりは、“稽古” といった方が ふさわしいでしょうか。

その先生方には、オーラがあります。
“トリハダ” が立つほどのオーラが。

このコンテンツでは、
そんな “トリハダ” の立つ先生方から
稽古を通して、
“基礎美術” という名前に込められた意図や、
昔の人たちが残してきた文化について
学んだことや思ったことを、
等身大の大学生の視点から、 紹介していきます。

Kyoto Art class
Report #0
“What is Kyoto art?”