キョウトに
会いにいく
1

On Saturday morning

イタリア人
イレネが出会った
京都と職人

Kyoto
Report #3
by Irene Delvai

4月にイレネという女学生がイタリアからやってきた。
顔が美人というより、かわいい女子だ。
生まれもイタリア。
彼女は今、ボゼン・ボルツアーノというところで「デザイン」の勉強をしている。
そのイレネが京都造形芸術大学に交換留学でやってきて
半年間、京都に滞在することとなった。

そしてKYOTO T5のディレクターである、酒井先生のクラスにイレネは偶然入り、
「京都のリサーチをしなさい」
「せっかく京都に来たのだから、イタリアでできることをする必要はない。
京都でしかできないことをしなさい」と言われて
京都をぐるぐる回ることになった。
そんなイレネが京都の職人と出会ったお話です。

 

 

(2)_ On Saturday morning


その朝、私は早く起きました、そして、私は自転車に飛び乗りました。
春の空気と暖かい太陽は、鴨川に沿って、私たちについてくるようでした。
ダミアンも一緒です。
自転車で40分で工房に着きました。
すぐにドアが開いて、職人さんは笑顔で歓迎してくれました。
彼はとても若く、全然想像していた「職人」らしくない感じでした。
彼は自転車を置く場所を案内してくれて、スタジオに入ろうと誘ってくれました。

That morning I waked up early and I jumped on my bike. The spring air and the warm sun accompanied us along Kamo river, all the way down to Kyoto Station. Damien by my side. After 40 minutes biking we arrived a bit early in front of the workshop. After few seconds the door opened and a big smile welcome us. He was much younger than I expected, for sure he didn’t look like the stereotypical image of the artisan mastering an old and traditional technique. He show us where to park our bikes and invited us to enter in his studio.

 


木でできたガラスの引き戸から中に入ったとき、
強い香りが空気を満たしていました。
中は外の陽がさんさんとは対照的に、かなり暗かったです。
入り口のドアが自然光を取り入れる唯一の窓になっています。
奥に長い部屋には、いろんな所に積み重ねられた物、サンプル、試作品、道具など。
それらは、「秩序のある混沌」という感じ。
知らない人は理解するのが不可能だけど、
職人にとっては機能的に並んでいるんだろうと思う。
左側にドアが2つあり、それぞれ小さな事務所と洗面所につながっています。
事務所はたくさんの本や書類がいっぱいで、
小さなテーブルの上や床に積まれていました。

なんとなく、その雰囲気は、
人々が失った素晴らしい宝を私が発見したという感じ
そして、なのに、私は日本語が分からないので、悲しさと怒りの混ざった心境になりました。

A strong perfume of incense was filling the air when we stepped inside from the wooden and glass sliding door. The atmosphere was pretty dark in contrast with the sunny morning outside: the door worked also as window and only source of natural light of the space. Entering we found ourself in a spacious room longer than wider, everywhere stacked objects, samples, tools and trials. It gave me the feeling of a methodical chaos: impossible to understand for a stranger, but absolutely functional for the artisan. On the left wall two doors open the space to a tiny studio and a restroom. The studio was full of paper, documents, books and certificates stacked on the small table, on the floor and hanging on the walls. The content of that room gave me the feeling I had discovered an amazing lost treasure, and I started feeling a mixture between of sadness and anger with myself for not being able to understand Japanese.

 


部屋の中央に、コンピュータとプロジェクターが用意されていて
彼は、座ろうと言ってくれました。
私たち2人のためにわざわざ仕事の紹介を用意してくれていたのです!
信じられませんでした!

In the middle of the room was standing a table with a computer, a projector and few books. The blue light of the projector was pointing on a rolling screen few meters away. He invited us to sit. I could not believe to my eyes: he had prepared a presentation of his work just for the two of us!

 


彼は座って、話し始めました。
鏡の歴史を説明してくれました。

どうして鏡が中国から伝来したのか、日本の職人が理解し、日本独自の発展をさせたこと。
彼の家族の歴史のこと、
昔からの制作方法と繋がり、
24年前彼が美大を卒業し、この伝統工芸を受け継ぐことに決めてからのこと。それから今のアーティスト、カメラマン、デザイナーとの共同制作を見せてくれました。

He sit and started talking, explaining us the history of mirrors: how they first arrived from China, how the Japanese craftsman understood and started mastering the technique and how they developed it. After a small break in which Damien translated for me, he went on telling us the history of his family, their connections with this ancient craft and how 24 years ago after ending his art studies he decided to dedicate his life to carry on this tradition. In the end, he show us the collaborations he carried on with contemporary artists, photographers and designers.

つづく