キョウトに
会いにいく
1

Make Mirror

イタリア人
イレネが出会った
京都と職人

Kyoto
Report #3
by Irene Delvai

4月にイレネという女学生がイタリアからやってきた。
顔が美人というより、かわいい女子だ。
生まれもイタリア。
彼女は今、ボゼン・ボルツアーノというところで「デザイン」の勉強をしている。
そのイレネが京都造形芸術大学に交換留学でやってきて
半年間、京都に滞在することとなった。

そしてKYOTO T5のディレクターである、酒井先生のクラスにイレネは偶然入り、
「京都のリサーチをしなさい」
「せっかく京都に来たのだから、イタリアでできることをする必要はない。
京都でしかできないことをしなさい」と言われて
京都をぐるぐる回ることになった。
そんなイレネが京都の職人と出会ったお話です。

 

 

(3)_ Make Mirror

10
プレゼンテーションが終わって、
ダミアンを通じて、少しだけ質問させてもらいました。

すでに、山本さんが自分たちのために多く時間を使っていたのを感じていたので
帰ろうとした時、彼は、鏡の制作の実演を提案してくれました。

彼は入り口近くの座布団に座り、まだ途中の鏡を置き、木のスタンドに架けられていた3本のヤスリの1つでそれをなめらかにし始めました。
写真を撮っていいか聞くと、笑顔で喜んでくれて、
むしろ詳しく教えてくれて「やってみる?」と言ってくれました。

私とダミアンはとても驚きました。
と言うか、日本語が正しく理解できてない?ってくらい信じられないことでした。

明らかにYamamoto Akihisaは、
魔鏡をつくっている最後の日本の職人であるだけではなく、
今まで会った人の中でもすごくオープンで共有の意識が高い人だと思います。

After the presentation ended I asked Damien to translate for me few other questions, already feeling we were using too much of Mr. Yamamoto’s time. But when we were ready to leave, he stopped us and told that if we wanted he could show us the way he works. So he sit on a pillow on the ground close to the window, he grabbed an unfinished piece and he started smoothing it with one of the three blades stored in a nearby wooden stand.

Fascinated by the scene I asked him If I could take some pictures, he agreed with a smile and visibly happy for our interest and enthusiasm he offered us to show us in detail and let us try. Me and Damien were extremely surprised, for a moment we thought we misunderstood. Apparently Akihisa Yamamoto was not only the last Japanese craftsman producing magic mirrors, but also the most open, aviable and willing to share person I met in my life.

 

11
彼はテーブルの上に持って来た小さな金属片(鋳造プロセスで出てしまう金属)の中から、
私たちに1つ選ぶよう言いました。
私が真ん中に穴がる金色のものを選ぶと、
彼はサンドペーパーのファイルを持って来て、使い方を教えてくれました。

だいたい15分程度のサンダー仕上げとサンドペーパー(徐々に細くしていく)仕事の後、
彼は外に私たちを連れ出して、
玄関の右側に、水の入った古い木の桶とそれに半分浸かった木の板がありました。
彼は私に木炭を渡して、水と合わせて金属片の表面を磨くんだよと教えてくれました。

私の金属片は少しづつ、滑らかに滑らかに、見え始めました、
ほとんど鏡のようになってきました。
私が中に戻ったとき、くるくる巻いた布にちょっとクリームを乗せたものを彼は渡してくれました。
それで表面の一部をこすると、それは本当の鏡のようになり出したのです。

感動!

私は、今、生まれて初めての鏡をつくった!

He asked us to choose one from the small pieces of metal, rest from the casting process, he brought on the table. After I choose a golden one with an hole in the middle he came with thin file covered with sand paper and he showed me how to use it. After around 15 minutes sanding and two changes of sand paper (thinner and thinner) he asked me to follow outside. On the right side of the front door an old wooden basin filled with water with a board on top to cover it partially. He put in my hand a piece of coal and he told me to use it in combination with water to rub the surface of my piece. The piece started to appear smoother and smoother, almost mirroring. When I went back in he gave me a tiny piece of textile wrapped to form a small cone on which he put a drop of a cream. I rubbed it on the piece and it started looking like a real mirror. I was amazed! I had just made my first mirror!

 

12
終わったとき、彼は2つの小さな黒い箱から小さい布を取り出して鏡を包んでプレゼントのようにして、渡してくれました。
私は、言葉を失って、とってもとっても感謝しました。
ありがとうという言葉では足りません。
彼がくれた素晴らしい経験に対する、感謝の気持ちをできるだけ伝え、
私たちは握手を交わして、お別れしました。

hen we finished he took two small black cardboard box, he wrapped our pieces in a tiny piece of cloth and he gave them to us as present. At this point I had already lost my ability to speak: thanking him wasn’t enough anymore. I tried my best to express him my gratitude for the amazing experience he gifted us with. We exchange our contacts and say goodbye.

 

13
ダミアンと私は自転車の鍵を開けて、道に出ました。
そして、静かに自転車のサドルに座り、お互いを見ました。

ポーーっとしていました。
なんていうか、感謝(美しさと幸せ)に満ちていました。

自転車をこいで家に帰るまでの間ずっと言葉を探していました。

これまでの人生にはなかった世界に、新しい日本に、連れて行ってくれた、夢みたいな、この素晴らしい土曜日の朝について、何を感じたかどうやったら伝えることができるのだろう。

どうしても表現できないけど、自分たちがAkihisa Yamamotoのような個性、人間性に出会う機会があったことはただただ、とにかく幸運だったと思う。

Damien and I went out, unlocked our bikes, we carried them on the road and we sit on them silently. Then we looked at each other, our eyes incredulous, full of gratitude, beauty and happiness. Riding home we tried to find words to describe what we felt about that amazing saturday morning that brought us in another world, another time, another Japan, like a dream. We didn’t menage to express our confused thoughts, but maybe we were just feeling like the most lucky people on heart, to had the chance to met an amazing personality as Akihisa Yamamoto.

 

14
その日から、Yamamotoさんと会ったことが、自分の人生やものの見方にとってとても重要になりました。
私は彼と一緒に協力して、制作したいと強く感じるようになりました。
それはきっと一度きりのチャンスだし、その可能性を捨てたくありません。
私は自分の卒業制作(イタリアの大学での)に、前述した経験を含ませたい。

このMagic Mirrorによって、現代の社会にもたらされるであろう強いストーリーと伝統の変形のさせ方を考えたいです。

これからの半年はコンセプトを考えることに費やします。それがYamamotoさんも誇りに思えるようなプランになるといいなと思っています。

Since that day I developed a consciousness of the fact that this meeting with Mr. Yamamoto is going to be really important for my life and way of seeing things. I started to feel a strong need to develop a project in collaboration with him: is a one in the life chance and I can’t waste it. I would like to include this experience in my graduation project, finding a way to transfer the powerful story and tradition carried by this object in the modern society. I will spend the next six month working on this concept and I hope I will be able to develop a design that Mr. Yamamoto will be proud to produce.

おわり