京都文化
トリハダ通信
2

JAPANを学ぶ

トリハダ通信

まずは木地づくりから
学生による 漆芸授業レポート(3)

Kyoto Art class
Report #2
“Shitsugei”
by Suzuki Hinae

学生による 漆芸授業レポート
基礎美術コース 2年
鈴木 日奈惠

(3)_「下手物(げてもの)の中に ひそむ美」

惚れ惚れする先生の技

〈刳る〉

切り出した板に墨付け(下描き) をしたら、
いよいよノミを入れていきます。

Kyoto Art class
Report #4 “JAPAN~Woodland~” (3)_「下手物(げてもの)の中に ひそむ美」

刳る作業をするときは、座布団を敷いて、
板が動かないように足で抑えながら作業します。
先生は裸足ですが、
木やノミが刺さったら危ないので
さすがに、私たちは靴下または足袋を履きました。

座布団が低かったら
木っ端を下にひいて高さを調節します。
ここで、木っ端の有効活用
捨ててしまうはずだった木っ端が、
このような場面で活躍するとは、驚きです。

Kyoto Art class
Report #4 “JAPAN~Woodland~” (3)_「下手物(げてもの)の中に ひそむ美」

先生の技に
見ている私たちも惚れ惚れしてしまいます。
先生方はこのお仕事だけで食べている方々なので
このお仕事に命をかけています。
そんな姿に、思わず美しいと思ってしまいました。

  • 椿昇先生のコメント

    贅沢とはこの事!
    ネットでなんでも教えてもらえる時代だけどね・・
    神業の横にいるという圧倒的な情報量は
    液晶画面には降臨しないよ!

  • ひたすら先生の姿に憧れて欲しいね。
    そして退路を断ってものつくりの道へ「いざ!」。
    未来に計算や根拠は求めないように。
    目先を考えず飛び込んで
    気がつけば10年というのが正しい選択と僕は思う。
    トレンドを追いかけて就職しても
    数年後には退社では元も子もない。

 

_______________________________________________________________________________________

最初は
外から内に向かって刳っていきます。
左手でノミを持ち、右手にプラスチックハンマーを持ち、
そして、
プラスチックハンマーでのみを叩いて
削っていきます。

  • 椿昇先生のコメント

    新しい道具も大切。
    要は二項対立ではなく「調和」させる柔軟性が重要だね。

深さは、自分で決めた深さ+5mm
薄くなったり、抜けてしまったら
お盆として使えなくなってしまうので、
トンボという深さを測る道具を使いながら刳ります。
気づいたら深くなってたりすることがあるので。

  • 椿昇先生のコメント

    そういえばグランド整備のときにも
    「トンボ」というスキージーのデカイの使ってました。
    トンボって言葉には不思議な響きがありますね。

Kyoto Art class
Report #4 “JAPAN~Woodland~” (3)_「下手物(げてもの)の中に ひそむ美」

またここで、向きに注意しなければいけません。
木目が縦のところを正面にします。

Kyoto Art class
Report #4 “JAPAN~Woodland~” (3)_「下手物(げてもの)の中に ひそむ美」

深くなりすぎないように、
もう刳らなくていいところにはバツ印をつけます。
先生は、何度も
「深くなりすぎないように注意してな」
言ってくださったのですが、
案の定削りすぎる子もちらほら。
中には、勢い余ってふちの一部を
吹き飛ばしてしまった子も。
その中の一人は私)
勢いがあるのは良いことですが
何事も加減が必要ですね。

  • 椿昇先生のコメント

    「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」
    『論語・先進』 にある、
    孔子が二人の門人子張(師)と子夏(商)を比較して
    言った言葉からの出典です。
    「水準を越した師も水準に達しない商も、
    ともに満足じゃない。人の言行には中庸が大切である」と
    説いたという故事から来てます。
    基礎美術の学生は是非論語も読んでみよう、
    中国や韓国との繋がりなしに
    日本文化は語れないので。
    でも「中庸」ってほんと感覚的すぎるよね〜

 

_______________________________________________________________________________________

「掃除に始まり、掃除に終わる」

この作業は刃物を扱うので
とても集中力が入ります。
教室には、あまり私語は聞こえません。
聴こえるのはノミを叩く音。
時々先生が話してくださるので、その時くらい。
なので授業が終わると、みんなくたくたです。
手仕事は体力が必要だと、痛感させられます。

  • 椿昇先生のコメント

    くたくたになる幸福!得難し!
    でも疲れるのは慣れてなくて変な筋肉使うから。
    慣れると体が自然に動いて何の疲れも残らない。
    達人になるとエネルギーロスが無くなるんだよ。

終わった後は、みんな自主的に掃除を始めます。
木屑がたくさん出るので、それをほうきで掃き、
袋にまとめます。
自分の場所だけじゃなく、他の人のところも掃きます。

Kyoto Art class
Report #4 “JAPAN~Woodland~” (3)_「下手物(げてもの)の中に ひそむ美」

基本、作業をしているときは一人だけど
こういうときは協力するのが基礎美術コースの学生。
「掃除に始まり、掃除に終わる」
これはどこに行っても、続けていきたいことです。

  • 椿昇先生のコメント

    禅の奥義は「掃除」です。
    掃除に脳と身体の高度なマッチングを促す効果があります。
    科学的なんですよね、日本の智慧は。
    僕は心病んだとき「開梱作業」で吹っ切れました。
    黙々と手を動かし舞うのがこのコース。

 

_______________________________________________________________________________________

“下手物(げてもの)の美”

先生が教えてくださった、我谷盆を調べた時
「すべすべじゃなくて、刳りあとが残っているのに
どうしてこんなに美しく感じるのだろう」
と思いました。
すると新宮先生は、
「『下手の美』っちゅうもんがあんねん。
なんかしてやろうと思わんと、
このままでやったらええんちゃう。 ええもんできると思うで。」
この言葉で、私は我谷半月盆を作ろうと決めました。

下手物とは、 つくりが粗く価格も安い大衆的な日用品のこと。

 

  • 椿昇先生のコメント

    グローバル・マーケットで
    価格だけが冒頭する一部のアートの次に
    この世界が必ずやって来ます。
    「下手物」に美を見出すのは東洋哲学の真髄。

 

「作は無慾(むよく)である。

仕えるためであって 名を成すためではない。
(中略) 雑器の美は無心の美である。」
(柳宗悦『雑器の美』より)

 

  • 椿昇先生のコメント

    無心で刳る盆が単なる課題ではなく、
    君たちの「志」 のターニングポイントになってくれればと・・

何かの皮を被っているものや、
自分しか愛せない人に人はあまり感動しないし、
逆にあざといと感じてしまうことが多いと思います。
我谷盆は、いわゆる “下手物” に入ります。
我谷盆が作られていた我谷村は小さい村で、
あまり刃物を砥ぐような技術もなかったそうです。
ノミ1本でつくられた、
精一杯平らに彫られたノミ跡。
その素朴さに、私は魅力を感じたのだろうと思います。

限られた資源や恵まれない環境が
素晴らしい「無心」 を生んできました。
他の事例も調べてみよう。

完璧に無欲というのは無理ですが
(逃れようのない凡庸な人間の性なので)
もっと個性を出した方がいいかなとか思わず、
“適当(それにあたいしている)” にすれば 案外、
良いものが作れるかもしれません。
“適当” というのもまた難しいものですが。

  • 椿昇先生のコメント

    仙人になるしかない(笑)
    テキトー続けるにはありあまる余裕が必要。

2018.12.01更新

つづく