職人
interview
7

息子っていうことがハンデになる

職人インタビュー7

創業394年
唐長さんにお話を
伺いました。
(1)

Traditional Craftsman

interview 7

KARACYO

Senda Kenkichi

唐紙屋 唐長

千田 堅吉


空間デザインコース 2年

溝辺 千花

一度廃業しかけた唐長を、
ほぼ0から作りあげた
唐紙師「唐長」11代目 千田 賢吉さんのお話。

中国の唐から伝来し、
400年変わることなく守り続けられた日本独自の文様。
全て手摺りで、
時代のライフスタイルに合わせ形が変わります。
芸術には、理屈や数値では表すことのできない
心が必要だと教えてくださいました。

 

(1)_400年守り続けられた文様

職人インタビュー7

「唐長」の仕事はどういったことをされていますか。

絵の具を調合し、和紙を染め、
それに板木
はん:文様彫られた木版)文様を摺り、
唐紙を作ります。
昔は便箋等、今はインテリア
中心に使われています。

唐紙は名前に “唐” とあるように中国から伝わったのですか。

いいえ、文様は唐(中国)のものもあるけど、
多くはヨーロッパのものです。
唐長
ではアレンジすることなく、それらの文様を残してきました。
江戸時代に創業して
から400年、
板木は一切変わっていません
板木の数は
650枚以上。
唐長は持ち味として、
古く、変わっていないものを今に合わせようとしています。

400年。
誰が文様を変えない、新しい文様を作らないと決めたんですか。

相手(買う人)
「それでいい」と指示される、それが唐長の文様を変えさせない。

 

承認インタビュー7

息子っていうことがハンデになる

どのようなきっかけでこの世界に入られたんですか。

単純にここが廃業しかけたからです。
僕は芸術が得意じゃなくて、その道を避けて
きました。
化学が得意で大学卒業後は
5年間サラリーマンをしてました。
26歳で転身。
なんで戻ったかというのは若さゆえに。

先代とスタイルは変わりましたか。

変わってるしょうね。
周りに反対されましたもん。
余計なことしす
てね。も、
廃業しかけやから逆に何したってええ訳しょ

先代の仕事を見られたりしていましたか。

ほとんど見てません。
垣間見るってこともなかった。
当時は職人さんが
3人いました。その人らの仕事を見様見真似して。
ただ、息子っていうことがハンデになるん
よね。
「なんで来たん、邪魔や」っていう。
「なんでこうやんの
」って聞いたら
「こ
うするもんや」って言われて、
もう「なんで?
」と聞くのをやめました。

先代の技や、
それまでの儲けを受け継いで始めたのではなく、
一度落ちたものをご夫婦で築き上げてきたのですね。

そう。
それ
僕の理系独特の論理的な部分を
捨てる決心をしました。
失敗
っかりしたら悩むねん、人間って。
嫌になってくる。
それ
も辞めに続けるとなんとなく、それがバネになるんよ。
ネにして、
経験と失敗を繰り返してたら、
段々
評価も変わってきてね。

職人インタビュー7

先に「Yes」から始まる。
自分と違うことを試したい。

数をこなし、バネにすることが大事なんですね。

そう。
繰り返せ
繰り返すほ慣れて、
きるようになる。
考えるよ
り、感るってことの方手に出るんやろね。
仕事って、早い方
うまい。
数をこなして、ある域に到達しているから早いのよ。
もそうやね。
仕事
早い人程、的確。
もいい加減にやると、出るから完璧に。

 

自分に厳しくというよりも、
どれだけ仕事を楽しんでやれるかなんですね。

難しい仕事にもチャレンする。
断らない。
今の若い人は情報
常に入ってきて、選択肢いっいある。
僕も、今の時代で若くいたらこういう面白いこと考えてたやろなぁ。

「面白そうやなぁ、変やなぁ」って思うやつに
乗っかる方やったからね。
先に「
Yesから始まる。
自分と違うことを試したい。

 

今までインタビューしてきた職人さんとは
考え方が違うように思いました。

今振り返ったら、
「それやって何になんの
」ってことばっかりやってきました。
でもそんな中に、発見は必ずあります。
体験するんやからね。
未知のものに期待を
して、やっています。

2018.12.01更新

 

つづく

Traditional Craftsman

interview 7

KARACYO

Senda Kenkichi

唐紙屋 唐長

千田 堅吉


空間デザインコース 2年

溝辺 千花