京都100年かるた

#け #そ #よ

100年かるた

京都100年かるた
#け #そ #よ

KYOTO 100years KARUTA
#ke #so #yo


京都100年かるた
#け #そ #よ
編集メンバー
空間デザインコース2年
中喜多 真央
水野 綾乃
水野 好美
溝部 千花
イラスト
イラストレーションコース4年
ikik

Editor
Nakakita Mao
Mizuno Ayano
Mizuno Yoshimi
Mizobe Chihana

Illustration
ikik

「京都100年かるた」は、
京都の〝100年〟にフォーカスをあてたもの。
遊びながら、京都を知る・学ぶ・楽しむことができます。

リサーチ、インタビュー、
撮影を元に絵札と読み札の作成をしています。
京都いろはかるたを参考に各47枚。

シリーズ化を目指し、第一弾は京都の河原町。
新しいお店が建ち並び、観光客で溢れかえる街の中には、
実は、人知れず100年以上の歴史を持つ
お店や建物が残っています。
新しい中にも古き良きものが残り、
伝承されている河原町にスポットをあてています。

 

_______________________________________________________________________________________

100年かるた け100年かるた そばぼうろ100年かるた よ

#け

100年かるた け    100年かるた け

「けちらんと」
機械化進むも
この道具

高倉通 「福井畳店」 創業 130 年

京都の畳屋さんは「仕立て」ること仕事そうす。
藁を滋賀、ござを熊本、へりを福井
他県から仕入れたものを縫い合わせます。
それれの品質の特化したものを合わせ、
御所に献上していた文化
残っているそうす。

お店に入ると、こか懐かしい畳の匂い
床には畳の切れ端や藁落ちていて、壁には大きな畳立てかけられています。
驚いたの
使い方の検討もつかない道具たち。
藁とござを縫い合わせる長くて太い釘や、
まち針、藁をならすための形に特徴のある木槌、
はみ出た藁やござを切り落とす大きく年季の入った包丁な

高倉通 「福井畳店」 創業 130 年

高倉通 「福井畳店」 創業 130 年

高倉通 「福井畳店」 創業 130 年

道具の話を聞いて、一番印象に残ったのは
安もんをこーたら(買ったら)あかんで。道具はケチったらあかん。
という言葉。

最近、
畳づくりの過程で機械化が進んでいますが、

この畳屋さんでは良い道具を長い間ずーっと使い続けるそうです。
機械は融通がきかず、
そして安物の道具はすぐダメになり消費するのが早い。

それに比べ、
上物の道具は長い間使うことができ、
自分の癖に合うように少しずつ変化します。

創業以来使い続けている木槌や、
研ぎ続けて
50年もつ包丁など、
手づくりならではの道具への強いこだわりを感じました。

 

_______________________________________________________________________________________

#そ

100年かるた そばぼうろ    100年かるたそばぼうろ

蕎麦本業
隠居仕事で
菓子づくり

姉小路通 「河道屋」 創業 295 年

京銘菓として有名な蕎麦ぼうろのお店「河道屋」
そのお店の側に、蕎麦屋の「河道屋」もあります。

姉小路通 「河道屋」 創業 295 年

その訳は江戸時代、元禄にさかのぼります。
蕎麦を本業としていた河道屋安兵衛ですが、 お店が衰退し危機的状況になっていました。
どうにか立て直そうと隠居した後に、
当時南蛮貿易で伝来したものの中に
ボーロをみつけ、
その手法に習って蕎麦ぼうろという菓子を完成させたのが
初めだと言い伝えられています。

一般的に蕎麦ぼうろと呼ばれる菓子ですが、
河道屋では蕎麦ぼうろではなく蕎麦ほうると呼んでいます。
なぜ蕎麦ほうると呼んでいるかというと、
南蛮貿易でボーロが伝えられた際に
オランダ語で
“Pole”、ポルトガル語で “Bolo” と読みますが、
日本人が正しく読むことができず
「ボーロ」を「ほうる」と発音したのが由来だそうです。

姉小路通 「河道屋」 創業 295 年

姉小路通 「河道屋」 創業 295 年

姉小路通 「河道屋」 創業 295 年

河道屋の蕎麦ほうるは
はな」と「
」の二種類の形あります。
今は型抜きを機械行っています
昔は全て手作業
「はな」の型生地を抜き、
真ん中を「つみ」の型抜いて焼き上ていたそうす。
普通なら、
みと言われる部分は捨てられてしまい
江戸時代のもったいない精神から一緒に販売したのとか。
余計なものは入れない、
素朴な味が
16 代続く意味を物語っています。

 

_______________________________________________________________________________________

#よ

100年かるた よ    100年かるた よ

四百種
その場で選ぶ
食の友

堺町通 「市原平兵衛商店」 創業 254 年

お箸は弥生時代頃、
食事するためのもの
はなく神様へお供えするための
道具として使われていました。
食事の際に使うようになってからも、
ハレの日に使用する祝い箸は、
お腹に子どもを授かった卵型をモチーフにしており、楕円型す。
片方は自分、
そしてもう片方の先端に神様
宿ると言われており、
お箸は私たち日本人の食・信仰の文化の根っこにあります。

江戸時代から254 年、
宮廷御用達のお箸専門店として続く「市原平兵衛商店

食卓で使うものから料亭などで使われる調理用、
様々な素材で作られたものや、
漆・螺鈿を施したものなど、
店内には
400種以上のお箸が置かれています。

堺町通 「市原平兵衛商店」 創業 254 年

このお店では店を継ぐ使命として
一代に一品以上の箸を作ること」という決まりがあり、
先代は希少なすす竹
(古民家の屋根裏からとれる竹。
囲炉裏や釡の煙を吸って独特の茶褐色や飴色をしている竹
)
使用した
みやこばしを。
現在お店を任されている8代目は、
育ってから
3 年目の若い竹を使用した平安箸を発案したそうです。

堺町通 「市原平兵衛商店」 創業 254 年

堺町通 「市原平兵衛商店」 創業 254 年

市原平兵衛商店は卸売を一切していません。
お客様一人ひとり、その人にあった箸を。
手に取ってゆっくりと自分に合うものを選ん
ほしい。
お箸の職人自らが店に立ち、
お客様の要望を聞いて
400種以上の中から一緒に選びます。
その姿はまるでお箸のソムリエのようでした。
主人の受け継いきた想い
もお箸専門店として愛されている証拠と思います。

KYOTO 100years KARUTA
#ke #so #yo


京都100年かるた
#け #そ #よ
編集メンバー
空間デザインコース2年
中喜多 真央
水野 綾乃
水野 好美
溝部 千花
イラスト
イラストレーションコース4年
ikik

Editor
Nakakita Mao
Mizuno Ayano
Mizuno Yoshimi
Mizobe Chihana

Illustration
ikik