温新知故
1

温新知故 小嶋商店×冨田工藝

小嶋商店×冨田工藝

ONSHINCHIKO
KOJIMA×TOMITA

Text by Naoya Matsushima from ENJOY KYOTO
Photo by Kunihiro Fukumori
文:松島直哉
写真:福森 クニヒロ

温新知故
小嶋商店×冨田工藝

京都のアートやクリエイティブ活動の
最新事情を訪ねてみると、
その奥には必ず伝統という財産が
豊かに広がっていたりする。
いわゆる「古きを訪ね新しきを知る」
という視点からではなく、むしろその逆、
新しいものの向こう側にこそ垣間見えてくる
京都の先人たちの、技や知恵。
この対談シリーズでは、
若い職人さんやアーティスト
伝統文化の世界ではない人からの視点も交えた
異色の対談集というかたちで
京都の伝統文化に新しい光を当ててみたい。

 

第1章 兄弟で継ぐ、ということ。

温新知故 小嶋商店×冨田工藝

小嶋商店×冨田工藝

左から小嶋諒(弟)、小嶋俊(兄)、冨田珠雲(兄)、冨田睦海(弟)


小嶋商店

小嶋商店

「冨田×小嶋」対談

「冨田×小嶋」対談

創業は1800年ごろで
300年以上にわたり京提灯を生み出してきた。
有名な南座の赤い大提灯をはじめ神社仏閣やお祭りの提灯、
最近では祇園の「Pass the Baton」ほか、
ファッションビルや
レストランなどの照明としても
広く使われている。

兄・小嶋俊(しゅん)が竹を割り、
」と呼ばれる軸を輪っか状に巻いていく。
その軸の周囲に丁寧に糊で紙を貼っていくのが
弟・諒(りょう)。
息のあった兄弟による分業制で作り上げられていく。
こうして天然の竹を割るところから提灯を作っているというのは
かなり希少になってしまったのだという。

小嶋商店のサイトへ

冨田工藝

冨田工藝

「冨田×小嶋」対談

「冨田×小嶋」対談

三代にわたって、ここ京都で仏像や位牌を制作してきた。
兄・冨田珠雲(じゅうん)がおもに各宗寺院へ納める御仏像を、
弟・冨田睦海がおもに各宗寺院並びに各ご家庭用の御位牌を
それぞれ担当して制作している。

とくに位牌は安価な海外産が流通する中で
京位牌」というブランドにこだわり
京都の職人技を受け継ぎながら京都での制作を続けてきた。
五条にある工房ではショールームとしての機能も兼ねており、
弟の睦海が位牌づくりで培った技術を活かした
シルバーアクセサリーの販売や
体験教室、ワークショップなども開催されている。

冨田工藝のサイトへ

つづく

2019.01.01更新