京都100年かるた

京都100年かるた

京都100年かるた
#と #の #れ

KYOTO 100years KARUTA
#to #no #re

京都100年かるた
#と #の #れ
編集メンバー
空間デザインコース2年
中喜多 真央
水野 綾乃
水野 好美
溝部 千花
イラスト
ikik

Editor
Nakakita Mao
Mizuno Ayano
Mizuno Yoshimi
Mizobe Chihana

Illustration
ikik

「京都100年かるた」は、
京都の〝100年〟にフォーカスをあてたもの。
遊びながら、京都を知る・学ぶ・楽しむことができます。

リサーチ、インタビュー、
撮影を元に絵札と読み札の作成をしています。
京都いろはかるたを参考に各47枚。

シリーズ化を目指し、第一弾は京都の河原町。
新しいお店が建ち並び、観光客で溢れかえる街の中には、
実は、人知れず100年以上の歴史を持つ
お店や建物が残っています。
新しい中にも古き良きものが残り、
伝承されている河原町にスポットをあてています。

 


 

京都100年かるた#と  京都100年かるた#の  京都100年かるた#れ

#と

京都100年かるた#と  京都100年かるた#と

十松屋は
唯一残る
能専門

烏丸通 十松屋 「福井扇店」 創業625

京都には数多くの扇屋さんが存在しますが、
能で使われる扇専門の店というのはこの十松屋だけだそうです。

京都100年かるた#と

能の扇を見せていただくと、
長さや要
(親骨と中骨を一点で留めている部位)
大きさに違いがあり、
この違いは能の流派によって変わってくるようで
演舞中に扇を投げる場合は投げやすいように
要を小さくして軽くするなど
様々なパターンに合わせて製法を変えているそうです。

京都100年かるた#と

また昔は接客する隣で
職人さんたちが扇を作成していたので、
常にお客様から見られて商売をしているという意識の現れから
作業道具を入れている棚や、
机など細かな装飾が施されているのだとか。

京都100年かるた#と

京都100年かるた#と

お店の近くを訪れた際は
ぜひ能専門扇の歴史や製法を聞いて見てください。
普段馴染みの深い扇子とは
また違った仕組みを知ることができます。

京都100年かるた#と

十松屋 福井扇店
604-8172 京都府京都市中京区烏丸三条上る場之町601
TEL:075-221-2602
定休日日、祝、年末年始
営業時間~ 9:00-17:30 10:00-16:00
URL: http://tomatsuya.sakura.ne.jp

 


 

#の

京都100年かるた#の  京都100年かるた#の

残る庭
かつては商家の
憩いの場

三条通 「日昇別荘築年数230

 

現在は主に修学旅行の宿として営業している日昇別荘。
中庭があり、一見普通の日本庭園ですが、
驚くほど歴史の深い庭であることを教えていただきました。

京都100年かるた#の

この建物、元は江戸の商家の屋敷で、
次に京の三代豪商と言われた “大黒屋” が受け継ぎ、
16 代目杉浦三郎兵衛から
今の日昇別荘女将へと譲り受けたものだそう。
建物自体は天明の大火などで
何度か立て直しはされてきましたが、
中庭だけは江戸の商家がいた時代から
変わらずに残っているそうです。

京都100年かるた#の

また京都市からは
伝統的様式木造商家」の指定がされていて、
立て直しの際には有来新兵衛の茶器や、陶器など
歴史的に名が知れている作者の
茶道道具も出土されているとのこと。

日昇別荘に宿泊する際は、
各時代憩いの場として愛され続けている中庭で
くつろいでみてくださいね。

京都100年かるた#の

日昇別荘
〒604-8083 京都府京都市中京区三条通富小路西入る中之町13
TEL:075-221-7878
URL:http://nissho-besso.com

 


 

#れ

京都100年かるた#れ  京都100年かるた#れ

歴代の
型を捨てずに
人寄せる

姉小路通 「亀末廣」 創業215

烏丸御池から姉小路通に入ってすぐ、
歴史を感じさせる長屋があります。

和菓子屋 亀末廣は
古くは御所や二条城にお菓子を納め、

公家や武士、名だたる茶人からも愛された
老舗和菓子店の一つです。

京都100年かるた#れ

先代の「人との繋がりを一番大事にするように」という教えから
現在も、原則として商品の発送は行われておらず、
店頭に行かなければ
亀末廣の和菓子を手に入れることができません。

この建物自体も重厚感が溢れていますが、
特に目を引くのが店の看板です。
御菓子司龜()末廣と書かれた板の周りを
様々なお菓子の型が覆い、
額縁のように施されています。

この看板のことをお店の方に伺うと、
亀末廣では季節によってお菓子の形を変えるため、
その度に使用していた型が
増え続けてしまっていたものを看板に使い始めたそうです。

京都100年かるた#れ

店内で四季折々の形や色をした
和菓子を選ぶのもオススメですが、
まずは店の外で看板にある型を
観察してみるのも面白いですよ。

亀末廣
604-8185 京都府京都市中京区車屋町251
TEL:075-221-5110
定休日日曜、祝日
営業時間:8:30-18:00

 

2019.04.01更新