京都リサーチ報告会

KYOTO T5より
スパ・コスメ研究チームが結成。

Cosmetics BRANDING
project 2

Research members

Asano Kaito
Fuji Yuka
Kawakami Chikoto
Kazeto Honoka
Shiraishi Yoko
Tada Misuzu
Tanaka Riku
Hayashi Misaki

研究メンバー

空間デザインコース1年 淺野 快斗
空間デザインコース3年 藤井 邑夏
空間デザインコース4年 川上 千琴
ファッションデザインコース1年 風戸 穂乃花
ファッションデザインコース1年 白石 陽子
ファッションデザインコース1年 多田 美鈴
ファッションデザインコース1年 田中 陸
ファッションデザインコース1年 林 美沙季

「メイドインジャパンのコスメ ハイブランドを作りたい」と、
大阪を拠点として全国で体験を伴うスパを運営している
The Day SpaさんよりKYOTO T5に相談がありました。

「日本らしさが伝わりやすいのは、京都のエッセンス」と、
外国人の方に日本のThe Day Spaでしかできない体験や
コスメを届けたいとのこと。
KYOTO T5の学生がコスメに入れる「キーマテリアル」や、
スパでの体験やギフトまで、
全体的にリサーチ
&デザインしていく過程をここに公開していきます。

 

(2)_ リサーチ報告会

2週間程の「京都リサーチ」をへて、
本日は、The Day Spaの河﨑さんと廣田さん、
ゆみこさん(スカイプ参加)に途中経過を報告します。

今回のプレゼンテーション内容は、
美容・健康的効果ではなく、
「京都」のエッセンスを入れていくことで、
日本の美を感じたり、
スピリットを手に入れるための中身(成分)の提案です。
市販のコスメでは聞いた事の無いようなテーマが
たくさん提案されました。

Cosmetics BRANDING project#2

 

トップバッターは、藤井さんと風戸さんチーム。
白味噌”と”お神酒”を使ったコスメの提案です。

Cosmetics BRANDING project#2

(2人とも緊張気味です。)

白味噌は、京都発祥!?

白味噌は、古くから宮廷で愛されてきたお味噌ですが、
京都では、普段使いでお味噌汁に入れていただくものではありません。
正月の祝い膳としてお雑煮にし、
ハレの日=特別な日“に頂く、いつもとは違うお味噌です。
ハレ”と呼ばれる日は、
冠婚葬祭や成人式、七五三などで、
人生の節目となる日に頂きます。
京都で生まれた白味噌を使ったコスメは、
毎日を”ハレ”の日へ導いてくれます。

~The Day Spaコメント~

味噌は、外国人も既に良く知っていて、
外国で麹は関心の高い美容成分なので、
麹が多く含んだ白味噌は魅力的ですよね。
しかも、白味噌は外国人あまり知らないので、
京都で生まれた白味噌は、
日本に一歩踏み込んだもので特別感があります。

ハレの日に頂く”というカルチャーも良いですね。
単純にあの白味噌のねっとり感と香りをいかして、
フェイスパックにしたら、
斬新なものができそうやね。(笑)

 

 

”お神酒”で、神様のパワーを取り入れる。

神様にお供えする「お神酒」は、
神前に供えたお酒をおさがりとして頂くことで、
お神酒に宿った神様の霊力を体内に取り入れることができます。
発酵学や微生物の存在が確認されていなかった頃に、
酒造りは「醸すという行為は人間による作為的なものではなく、
自然の見えない力=神によって行われる。
と考えられていたことから、
お酒は、神様が造ったとも伝えられています。
良質の伏流水に恵まれた
京都・伏見のお酒を使った、お神酒コスメは、
京都の神様によってエナジーを回復し、
新しい自分へ生まれ変わることができます。

~The Day Spaコメント~

お神酒かぁ、
日本酒”で提案してこない変化球ですね。
お神酒は、神様のパワーをお裾分け頂ける。
お酒は、神様が作ったものと考えた酒造り職人。
クレイジーでスピリチュアル体験ですよね。
だけど、やっぱり出身国によっては
お酒を禁止している国もあるので、
お神酒=日本のカルチャー”として伝えた上で、
使用して頂かないといけない。
そのあたりは丁寧にいきたいですね。
「ご祈祷済みのコスメ」も良さそうだなと思います。

 

Cosmetics BRANDING project#2

 

次は、多田さん・川上さん・水博士の白石さんチーム。
地下水”と””を使ったコスメの提案です。

 

都の繁栄の源は、”地下水”にあり。

風水の世界では、昔から京都の地底には、
龍が棲んでいると伝えられています。
その龍の正体は”地下水”で、
実は、琵琶湖の水量に匹敵するほどの水が
地底に蓄えられています。

昔は、物の運搬や移動に水が欠かせず、
水資源に恵まれた京都は、都に適した場所でした。
酒作り、京菓子、京友禅、豆腐などが次々と誕生し、
今もこの地下水は、京都文化を支える重要な資源になっています。
京都の地下水を使ったコスメは、
京都が様々なカルチャーを繁栄してきたように、
新たな美の開花を追求します。

Cosmetics BRANDING project#2

~The Day Spaコメント~

京都の地底に、”龍”と呼ばれた
琵琶湖の水量ほどの地下水があるなんて、知らなかったです。
そう言われてみると、
お酒・お茶・京友禅・豆腐。
全部水が無いと生まれなかったカルチャーですよね。
コスメも実は、半分以上の成分が「水」でできています。
だから、絶対に水が必要です。
でも適当な水より、京都の地下水みたいに、
何かストーリーのある水の方が、
京都と繋がっている気がしていいですよね。

 

Cosmetics BRANDING project#2

(水博士の白石さんは、地下水の秘密を探すために
「京都の名水所」を多くまわりました。)

 

 

京都で、1200年燃え続ける炎の”灰”。

京都をリサーチして知った、
比叡山延暦寺の「不滅の法灯」。
不滅の法灯は、最澄が豊かな人生と世界平和を願い灯したのが始まりで、
「いつも変わらないように」という決意表明のために
1200年間、その火を絶やすことなく燃え続けています。
その後に「油断大敵」や
ずっと燃え続けていく=永遠、変わらない象徴」と
伝えられるようになりました。

でも、この”永遠の炎”を
成分として入れることは出来ないので、
燃えているからには、そこから生まれた「」があるはずだと思い、
不滅の法灯から生まれた””を使ったコスメを考えます。
いつも変わらない美しさと永遠の美を手に入れます。

 

~The Day Spaコメント~

1200年燃え続ける炎から生まれた”灰”って、
不死鳥を彷彿させますし、
”永遠の美”は手に入らないんですけど、
不滅の法灯がある限り、
手に入りそうな気持ちになりますよね。
とてもスペシャルな灰なので、
限定アイテムとして展開したら良いかもしれません。
でも、美容効果的には、
灰は”洗浄効果”が高いので、
オイル肌の若い方に向きます。
そうなると対象年齢が若い方限定になるので、
コスメとして展開するには少し惜しい気もします。

 

Cosmetics BRANDING project#2

(多田さんは比叡山延暦寺に行き、
不滅の法灯を分けた小さな炎を見たそうです。)

 

最後は、林さん・野くん・田中くんチーム。
四季”と””を使ったコスメの提案です。

 

 

日本の”四季”の移ろいに美意識を感じる。

世界中に、季節(四季)はありますが、
日本には、季節を歌った和歌や季節の節目を示す言葉として
用いられる”二十四節気”、
四季を描いた”花札”など、
四季を大切にし、
表現する心から生まれたカルチャーがたくさんあります。
生け花は京都で生まれました。

春の芽生え、夏の繁茂、秋の彩り、冬の枯枝。
自然の変化を見て、四季を繊細に感じとれる感覚に、
日本人の本来もつ美意識があると思います。
京都の風景や四季に合わせた植物をコスメに使い、
四季の移ろいに美を見出した日本人や京都の美の心にふれます。

 

~The Day Spaコメント~

確かに、季節は日本だけでなく
世界中にあるけれど、
四季といってもその土地によって随分違いますよね。
そこから生まれた、二十四節気に、七十二候は、
日本人のとても繊細な季節の移ろいが描写されています。
とてもロマンチックだなと思います。
製産コストはかかりますが、
季節に合わせて中身が変わるのもいいですね。

 

Cosmetics BRANDING project#2

(奥からThe Day Spaの河﨑さんと廣田さん。)

 

 

かぐや姫は、京都の”竹”から生まれた?!

古来から積極的に日本各地に植えられ、
日本の美を形作ってきた竹。
成長速度が速く、数ヶ月で立派な竹に成長します。
国内だけでも約600種の竹があり、美容効果は抜群です。
平安初期にできた最古の物語「竹取物語」は、
京都が物語の舞台だったと言われ、
かぐや姫は竹の美容成分マダケエキス
美しくなったとも伝えられています。
京都の””を使ったコスメで、
かぐや姫”のような美しさと光輝く毎日へ導きます。

Cosmetics BRANDING project#2

~The Day Spaコメント~

男子チームから、
「かぐや姫」の提案がでてくるとは、意外でした。
今回発表された中で、
竹は、一番美容成分が豊富で気になる素材です。
かぐや姫が京都で誕生した説も驚きで、
その竹から作ったコスメは、
日本人ならだれもが物語を知っているので、
美しい想像がつき易いですが、
外国人にはお話をまず伝えないといけないので、
商品の伝え方が課題ですね。

 

以上で、今回のプレゼンテーションは終了です!

どの提案も良い反応を頂けました。
この発表を元に、The Day Spaさんの方で一度方向性を絞られます。

Cosmetics BRANDING project#2

どのアイディアが、京都のエッセンスとして採用されるのか、
今後の展開が楽しみです。

私たちの京都リサーチは、まだまだ続きます。

 

つづく

2019.04.01更新

Cosmetics BRANDING
project 2

Research members

Asano Kaito
Fuji Yuka
Kawakami Chikoto
Kazeto Honoka
Shiraishi Yoko
Tada Misuzu
Tanaka Riku
Hayashi Misaki

研究メンバー

空間デザインコース1年 淺野 快斗
空間デザインコース3年 藤井 邑夏
空間デザインコース4年 川上 千琴
ファッションデザインコース1年 風戸 穂乃花
ファッションデザインコース1年 白石 陽子
ファッションデザインコース1年 多田 美鈴
ファッションデザインコース1年 田中 陸
ファッションデザインコース1年 林 美沙季