京都100年かるた

京都100年かるた
#お #さ #わ

KYOTO 100years KARUTA
#o #sa #wa

京都100年かるた
#お #さ #わ
編集メンバー
空間デザインコース2年
中喜多 真央
溝部 千花

イラスト
ikik

Editor
Nakakita Mao
Mizobe Chihana

Illustration
ikik

「京都100年かるた」は、
京都の〝100年〟にフォーカスをあてたもの。
遊びながら、京都を知る・学ぶ・楽しむことができます。

リサーチ、インタビュー、
撮影を元に絵札と読み札の作成をしています。
京都いろはかるたを参考に各47枚。

シリーズ化を目指し、第一弾は京都の河原町。
新しいお店が建ち並び、観光客で溢れかえる街の中には、
実は、人知れず100年以上の歴史を持つ
お店や建物が残っています。
新しい中にも古き良きものが残り、
伝承されている河原町にスポットをあてています。

 



京都100年かるた お
  京都100年かるた さ  京都100年かるた わ

#お

京都100年かるた お  京都100年かるた お

思い込め
同じ地、物で
数珠繋ぎ

寺町通 「安田念珠店」 創業336年

創業の1683年は江戸時代初期。
長い戦乱を終え、太平の世へと突入する時期に
京都でも有数のお参りの多い寺であった誓願寺の参拝客へ
念珠を商い出したのが初めと言われています。

安田念珠店

安田念珠店では数珠のことを念珠と言います。
ただ珠を集めて連ねた道具というのではなく、
想いをこめるものとして、人の手に触れたときに伝わるぬくもりこそを
大切にしたいという想いが理由になっていて、
人のこころをだれかに伝える時の役割をになっています。

安田念珠店

また安田念珠店では念珠の販売だけでなく
普段使っている念珠の修理を店頭で行なっているので
想いが詰まった念珠を捨てるのではなく
使い続けていけるようにしていただけるのが
他店の数珠屋さんとの大きな違いにもなっています。
今自分の数珠を持っていて手直しが必要な方や
新しく数珠を買おうという方は自分の好みにあった念珠を探してみてください。

安田念珠店

安田念珠店
604-8076 京都府京都市中京区御幸町通三条下ル海老屋町323
TEL:075-221-3735
定休日なし
営業時間:10:00-19:00
URL: https://ssl.yasuda-nenju.com/tenpo/#teramati

 


#さ

京都100年かるた さ  京都100年かるた さ

先蓮華
あらゆるものが
逆さ向き

烏丸通 「安養寺(倒蓮華寺)」 創建1001

若者が行き交う新京極にある安養寺の始まりは
1018年に奈良県に建てられた蓮台院が元となっています。
奈良県から京都に移築され、
豊臣秀吉によって現在の地へとやってきたそうです。

安養寺は別名倒蓮華寺とも言われていますが、
本尊では
8枚の蓮華を逆さに置いた上に阿弥陀如来像が立っているのが特徴で、
これが由来になったとも言われています。
伝説によれば本尊を作る際に蓮座がどうしても壊れるため
逆さにしてみたら阿弥陀如来像を安置できたということ、
女性は業が深いことから、
心の蓮華を逆さにして極楽往復できるよう
わざと逆さにしたとも言われているそうです。

また倒蓮華にちなんで瓦屋根の上にいる狛犬も逆さになっています。
参拝の際に是非確認してみてください。

安養寺(倒蓮華寺)

安養寺(倒蓮華寺)
604-8046 京都府京都市中京区東側町511新京極蛸薬師下ル東側
TEL:075-221-4850
定休日なし
営業時間9:00-16:00

 


 

#わ

京都100年かるた わ  京都100年かるた わ

我が子のみ
継がれる製法
国宝級

三条通 惠宝堂」 創業369

350年にわたって千家家元に仕え続けている釜師、佐々木彦兵衛
このお店には千家御用達の茶釜職人がいます。

惠宝堂

茶道には千家・裏千家・武者小路千家など、
様々な流派の茶人がいますが、
代々各千家の茶釜を独自の伝統的な技を使って作り続けているそうです。
現店主である6代目 佐々木彦兵衛さん
伊勢神宮や平安神宮など、歴史ある神社にも茶釜を奉納したり、
海外の博物館に茶釜を展示するなど、
日本にとどまらず世界へと茶釜の文化を伝えています。

惠宝堂

茶釜の製法ついて質問すると
製法は一家相伝でやってきているから、弟子は作らず自分の子どもにしか伝えていないんよ。そこが誇りでもあり、うちの特徴かな。
代々製法を受け継ぎ、弟子を増やし、後世へ技を残していくのではなく、
技を伝えるのはどんな時でも
1人であることにとても驚き印象に残っています。
また、ここでは茶道体験も開催しているので
有名な茶人が使ってきた茶釜を使って茶道を楽しむことをオススメします。

惠宝堂

恵宝堂
604-8111 京都府京都市中京区三条通柳馬場西入
TEL:075-213-3111
定休日なし
営業時間未定
URL: https://ssl.yasuda-nenju.com/tenpo/#teramati

 

2019.05.01更新