職人の失敗
4

職人の失敗

「Échec des artisans職人の失敗」 
空間デザインコース 永田大煇

Échec des artisans
Report #4
Daiki Nagata

職人の失敗
永田大輝

職人のつくる「失敗」は、
これまで長い間お客さんに対して
一定して良いモノを作り続けてきたからこそ生まれるもの。
高い技術力や自信があるから少しのミスでも許さない。

現代において、誰しも一度はテレビや雑誌等で
完成された伝統工芸品を目にしたことはあるだろう。
だが興味のない人は伝統工芸品そもそも見ようとはしない。

だが、「職人の失敗」と聞くと、よく見ようとする。
失敗は伝統工芸を見る態度を変えさせることができ、
伝統工芸の本当の良さを知らない人にも手仕事の良さ、
職人の良さを伝えることができるのではないか。

という空間デザインコース 永田 大輝君によるリサーチ。
「職人の失敗」を職人へのインタビューと共に
公開していきます。

 

「よく見て」も分からないほどの失敗も多く、
職人のすごさを感じると共に
「よく見て」しまう行動を誘発し、
伝統工芸と自分たちの距離を縮めてくれます。

 

展示を見てもらっての感想(一部抜粋)

・どこが失敗?!職人の技術を感じられた。
私の感じてる職人の格好良さというか、尊さみたいなのが永田くんの研究にあって、
それでいて失敗という親しみのある言葉で見ていけるのがたまらなかった。 

・今の職人の現状に対し「失敗」という切り口で展示を行い
職人の魅力を再発見させるというテーマがとても良かった。
モノづくりの良さを分かっていない人が
大多数の今、最も知るべき事を伝えようとしていた。

・職人の失敗なんてこれまで見たことがなかった。
そもそも伝統工芸って固くてとっつきにくいイメージだったけど、
やっぱり失敗するんやなって思った。
でもその失敗も全然分からんくらいやし、すごいなって思った。

・失敗を集めるっていうテーマは良いし、
面白いけど何より感動したのがこれを数百年続けてきたって事。
何人もの職人さんがいいものを作り続けてきたから生まれたっていうなんか職人の重厚感?
 ブランド感?っていうんかな。
そういう言葉では表しにくい素晴らしさを感じた。

 

職人の失敗10
「開化堂」八木隆裕

職人の失敗10 「開化堂」八木隆裕

職人の失敗10 「開化堂」八木隆裕

職人の失敗10 「開化堂」八木隆裕

職人の失敗10 「開化堂」八木隆裕

pdfで見る

 

 

職人の失敗11
「中村刺繍」中村彩園

職人の失敗11 「中村刺繍」中村彩園

職人の失敗11 「中村刺繍」中村彩園

職人の失敗11 「中村刺繍」中村彩園

職人の失敗11 「中村刺繍」中村彩園

pdfで見る

 

職人の失敗12
「金網つじ」辻徹

職人の失敗12 「金網つじ」辻徹

職人の失敗12 「金網つじ」辻徹

職人の失敗12 「金網つじ」辻徹

職人の失敗12 「金網つじ」辻徹

pdfで見る

 

つづく

2019.07.01更新