「RCAとの合同プロジェクト」

RCAとの合同プロジェクト

RCAとの合同プロジェクト(1)

Joint project
Royal College of Art

Ojima Hitomi

共同プロジェクト
Royal College of Art

通信・空間演出デザインコース
小島仁美

RCAとの合同プロジェクト(1)

夏季休暇を利用し、ヨーロッパのデザイン大学の学生と新商品を企画する合同プロジェクトを行いました。
第1週、8/12-19はロンドンのRoyal College of Art (RCA)と、第2週、8/19-24
ジュネーヴ造形芸術大学(HEAD)との取り組み。
今回は第1週目
RCAとのプロジェクトについて、どのようなことが行われたのかご報告します。

 

(1)_ オープニング、ウェルカムパーティー

私たちチームは、情報デザイン学科1年目の光岡さんと、RCAから、スコットランド出身で、大きな体に柔らかな笑顔がチャーミングなAdamでした。
私はAdamの心の琴線に触れるものをどれだけ見せてあげられるか、と内心不安でした。

RCAとの合同プロジェクト

オープニングで、Whole love kyotoやKyoto T5の活動について紹介する様子
左にいる3人が、RCAから来た学生です。

RCAとの合同プロジェクト

ペアのAdam。Whole love kyotoで試作中の真田紐ハットをかぶってもらいました。

 

職人さん工房訪問、京都巡り

初日は、とにかくたくさんのものを見るため、時間ある限り、京都の街を練り歩こうと思いました。

まずは、京うちわの阿以波さんの店舗に行く予定でしたが、京都の街はすごい!歩くたびに興味を惹かれるものが現れます。
RCAの学生たちにとっては、日本が初めてなんだから、と好奇心赴くままにお店に入りまくりました。それが後に自分たちの首を締めるのですが・・。

まずホテルから近くにあったため、佛光寺にあるD&DEPARTMENTのショップを見に行きました。佛光寺では、木彫や金箔、釘隠しなど、伝統工芸の品々を実際に使っている場として、日本人である私も改めて、寺院全体が伝統工芸の塊なんだなあと感じました。
ちょうどお堂で説法をしていて、外の気だるい暑さとは打って変わって、涼やかな空気が流れており、RCAの学生は、言葉の意味はわからなくとも、さっそく聴き入っていました。

次に通りを歩いていると100年続く早川刃物店を発見し、30年間ずっと研ぎながら使い続けている包丁を見せてもらいました。包丁全体が小さくなっていても、きちんと鋼部分を研いでいけば、使い続けることができることは、買っては捨てるを繰り返す現代の生活を送る私たちには、とても印象的でした。

RCAとの合同プロジェクト

RCAとの合同プロジェクト

右が元々の大きさで、左が30年間研いで使い続けている包丁。

次に向かったのは京うちわの阿以波 。お店の方が団扇の発祥についていろいろと教えてくれました。
昔は、秘仏を運ぶとき、貴族が移動するときなど、なにかを隠すためのものがあったそうです。そのうち疫病の追い払うと考えられるようになり、悪いものを追い払う(打ち破)として、お世話になった人へのお礼などの縁起物として使われるようになりま した。
RCAの学生の一人に中国からのLiuliuがおり、元々の扇(扇子)は中国発祥だったのに、「隠す」という文化から、独自の形になったのが団扇なんだね、と感心していました。

RCAとの合同プロジェクト

つづく

 

2019.10.01更新