TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記
「森本錺金具製作所」

2019年9月から12月の間イギリスのロンドンにある国立の美術大学Royal College of Art,(RCA)よりTIDAが交換留学でしばらくの間京都に滞在。研究・制作を行いました。

彼女はタイの伝統文化である、野菜やフルーツの彫刻、カービングを習得しながらロンドンでジュエリーについて学ぶ学生。

そんな彼女が京都の職人に強い関心を示し、しばらくの間修行に通うことになりました。

そんなTIDAの職人修行日記を公開していきます。

 

T5 Morimoto report
Finchittida Finch (Tida)
KUAD
Exchange-student from London, UK.
MA Jewellery & Metal, Royal College of Art (RCA)

(英語の下に和訳があります)

Week 1: Design process and preparing the template


I was introduced to Master Morimoto and his craftsmen by Sakai-sensei during my first week in Kyoto in September 2019.
Master Morimoto gave me the opportunity to craft something 
special under the guidance of his craftsman, using traditional decorative metalwork techniques.
This was a huge privilege because Master Morimoto’s family have been 
adorning many of Japan’s beautiful shrines and sacred objects for generations.
As I am Lao-British, I have spent a lot of time in Buddhist temples and have always been inspired by them aesthetically and spiritually.
So this opportunity was a dream come true.
Morimoto’s craftsman make everything by hand.
So it was an honour for me to learn and 
working alongside such highly skilled craftsman.
The only problem was, I didn’t know what I wanted to make.
So Master Morimoto set up a 
workspace for me in his showroom. The blank piece of paper was really daunting. My mind was as blank.
So I prayed for guidance.
The energy in the room was very calm and the variety of decorative metalwork on display was really inspiring.

1週目:デザインを描く、型紙を作る

20199月、私はKYOTO T5センター長の酒井先生から森本錺金具製作所 森本さんとその職人さんを紹介してもらいました。
そして私は森本錺金具製作所で、お弟子さんの指導を受けながら、飾金具の技術を使った特別な手作りの作品を作らせてもらえることになりました。
森本さんのお家は代々、多くの神社の飾りや神聖な事物を作ってきたため、大変貴重な機会です。

私はラオスとイギリス人のハーフなので、仏教のお寺に何度も行き、その度にその美しさや精神性に刺激を受けてきました。

そのため、今回のことで夢が叶いました。森本錺金具製作所の職人さんは全ての仕事を手作業で行います。
そのような素晴らしい技術を持った職人さんと一緒にできることは光栄なことです。
ただ唯一の問題は、私自身が何を作ればいいのかわからなかったのです。
森本さんが私のために作品展示室の中に作業場所を用意してくれました。

真っさらな紙はなんとも恐ろしく、私の頭の中も真っ白だったため、神に助言を求めました。
部屋の中のエネルギーはとても静かで、展示されている様々な飾金具からとても刺激を受けました。

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

 

I picked up a pencil and started to draw. First I drew flames.
Then I drew a lotus flower 
blossoming out of the top of the flames.
And finally I drew a bridge underneath.
But I didn’t 
understand what I was drawing until I saw the bridge appear on the paper in front of me.
‘Burn your bridges’ is an English phrase. If you ‘burn your bridges’, it means you destroy something that cannot be easily undone.
Before arriving in Japan, my oldest friendship of 20 years had come to an unexpected end.
This design symbolises the end of that friendship and my hope for positive new beginnings.
The lotus flower rising from the flames, represents new life and purity from the death of that friendship bridge.

私は鉛筆を取って、描き始めました。
最初は枠を書いて、枠の上から咲いているハスの花を描きました。
そしてその下に橋を描きました。ただ、橋が紙の上に現れてくるまで最初は自分が何を描いているのかわかりませんでした。

TIDAの職人修行日記

‘Burn your bridges’(自分の橋を壊せ)という言葉があります。「橋を壊す」というのは、簡単には元に戻せないものを破壊するという意味です。
日本にくる前、私は20年来の友情を失ってしまいました。
このデザインはその友情の終わりと前向きな新しい始まりを象徴しているのです。枠を超えて咲くハスの花は、友情という架け橋が終わりから、新しい生命と純粋性を意味しています。

 

I decided to make a stand for my fruit and vegetable carvings.
So my plan was to make 2 
identical designs, which slot together across the middle to make an “x” shape.
Master 
Morimoto checked my design was ok and photocopied it for me to create a stencil.
Master Morimoto kindly gave me permission to use the tools in his workshop. At Morimoto’s workshop they prepare paper templates by hand using a small hammer and nail holepunch.
Kencha-san was my main teacher in the workshop.
He set up a workspace for me, with a 
special wooden log for metalwork as my bench. One by one, I hammered each hole out of the paper, following the lines of the design.
The act of hammering the lines I’d drawn felt very therapeutic.
Tiny pieces of holepunched 
paper embedded into the … and created interesting patterns – containing the energy and journey of my thoughts.

私は普段制作している果物や野菜をカットしてつくる彫刻を置くためのスタンドを作ろうと考えました。
2つの同じデザインを作り、真ん中で交差してXの形にすることにしました。

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

森本さんがデザインをチェックしてくれて、転写するためにコピーをとりました。
森本さんは親切に工房の道具を使わせてくれて、小さい槌と釘の穴抜きを使って型紙を作る準備をしてくれました。
けんちゃんさんは私の担当となってくれた先生で、作業スペースに腰掛けとして切り株を準備してくれました。
デザインの線に沿って、型紙をハンマーで一打ち一打ち、打ち抜いていきました。

TIDAの職人修行日記

TIDAの職人修行日記

自分で描いた線を打っていく作業は何かの治療のようでした。
型抜きされた小さな紙のかけらが後ろの金属に埋め込まれていき、面白い模様を描いていく・・私自身のエネルギーや思考回路を埋め込んでいくかのようでした。

TIDAの職人修行日記

つづく

 

2020.02.01更新