家族が職人

#1 京友禅の家族

京友禅伝統工芸士 細井智之さんと、
娘の細井咲恵さんにお話を伺いました。

職人といえば、頑固で、無口でと、どこか固い印象を持たれることが多いですが、いつもそばにいる「家族」から見てみるとどうなのでしょう?

「家族が職人」では、職人さんとそのご家族の方に伝統工芸や手仕事の魅力についてお聞きしつつ、「職人は家に帰ったら何をしているの?」「職人の奥さんって大変なのかな?」など、工房や作業場からは見ることのできない職人を覗かせていただきます。

今回は、亀岡にお住まいの京友禅伝統工芸士 細井智之さんご家族にお話を伺いました。

 

京友禅の道

友禅の道に進まれたのはいつ頃でしたか

高校を卒業して、19歳で友禅の職人さんらが集う会社(工房)に入りました。
元々絵を描くのが好きだったので。10年ほど修業を積んで独立し、平成21年には伝統工芸士(京友禅手描部門)に認定して頂きました。結婚する前は京都市で生活していたけど、今はここ(亀岡市の自宅)で制作しています。

友禅は工程が多いと聞きました。細井さんが担当されているのはどこでしょうか。

まず友禅には手描友禅と型友禅があって、私は手描友禅の仕事をしています。
友禅染のはじまりは手描友禅で、全ての工程を手描で行います。
そして型紙を使うことで大量生産を可能にしたのが型友禅。
それぞれたくさんの職人によって分業化されていますが、
模様部分に筆や刷毛を使い色を挿していく、挿し友禅の工程を担っています。

求められているものにどれだけ近づけるか、というのが我々の仕事になります。

ご結婚されたことで変わったことはありますか。

仕事を続けていくうえで家族の支えは一番大きいですね。
全てを理解してくれていることにも感謝しています。

ただ制作の面では、極端に変わるっていう事は無かったです。
家で仕事をするという環境は変わったけど、仕事内容は全く一緒なので。

自分自身の仕事に対する気持ちも変わっていないです。
1人で制作していた時も、会社(工房)にいたときも、結婚してからも。
モノと向き合う仕事で、自分のペースを保たないと逆に出来なくなるので。

一般のご家庭と比べて違うと感じる部分はありますか。

常に私が家にいること、それくらいですね。
その分、娘との距離感は近いかな。
幼い頃は仕事場で絵を描いていたりもしていました。

世間から見た職人さんというのは、サラリーマンとは少し違うものだから
特別視されている部分があるように思います。
だけど実際に会って話してみると普通の人と変わりない。
とても人間味を帯びた人たちばかりだという事を知ってほしいです。
それに私らが若い頃は、家で仕事をしている職人さんもたくさんいました。

京都という町についてどう思われますか。

今、新型コロナウイルス感染拡大によって急速に世界が変わろうとしています。
どう変わるか、分からない。
終わりの見えない不安の中で、改めて思うことがあります。
大切な生命を繋いで受け継がれてきたものには、大きな意味があるという事。
伝統工芸や職人を支える家族の存在もそうです。
それが京都には残っている。
これからも変わらず、そういったものに寄り添う町であってほしいですね。

次回後半では、娘さんの細井咲恵さんを交えてお話を伺います。

 

つづく

 

2020.06.01更新

Craftsman family
interview 1
YUZEN CRAFTSMAN
Satoshi Hosoi
Sakie Hosoi

「家族が職人」#1
京友禅
細井智之さん
細井咲恵さん

文:
谷口 雄基(基礎美術コース 2年)