イベント・ニュース

京都に根付くものづくりに新しい価値を

2019年度のGOOD DESIGN賞(地域・コミュニティづくり)を受賞したKYOTO T5。京都造形芸術大学の「京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO T5)」は2017年に発足し、京都における伝統文化の継承・発展に寄与することを目的として活動を広げています。

この度はKYOTO T5がGOOD DESIGN賞を受賞したということもあり、KYOTO T5のセンター長であり空間演出デザイン学科の酒井洋輔准教授、放送作家・脚本家小山薫堂さん、京都の手仕事製品の代表格でもある一澤信三郎帆布の一澤信三郎さんの対談がおこなわれました。

https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/599?_ga=2.127550794.65670016.1578804293-160051921.1542094528