KYOTO T5について

○ ごあいさつ

いまコーヒーや流行りのお菓子には並ぶのに“伝統”に並ぶ人はいません。
高くて、偉くて、近づきにくいというのが“伝統”のイメージで、
頑固で、気難しく、すごいというのが“職人”のイメージです。
当たり前ですがそんなところに人は集まりません。

でも「京都」には人が集まります。
そのおかげで「京都っぽいもの」がよく売れています。
ある職人さん曰く「“京都”とさえ言っておけば売れる」。
ほんまもんでないものばかりが手に取られることは
京都にとっても、買う人にもナンセンス。

KYOTO T5(京都伝統文化イノベーション研究センター)は伝統工芸と京都の本当の姿に光を当てます。
職人さんは別に頑固ではありませんでした。
偉そうにもしてなくて、どちらかというと困って弱っていました。
ただし、技と素材はすごいです。底が見えません。

伝統工芸は近づきづらい。
この誤解を解消し、自分も欲しくなる「かわいい伝統」「かっこいい伝統」「おしゃれな伝統」を世界に持っていきます。
私たちはそれをイノベーションと呼びます。

○ 定義と目的

「伝統文化」とは、
  • 時代を経る中で社会活動や政治動向といった世間の荒波に揉まれつつも伝わってきたもの。
  • 新たに生み出されたものが、さも古くから続いてきたものとして称されて、そのように人々が認識したもの。
    それは、単に「ある」のではなく、先人が歩んできた道や、遺して行こうとする弛み無い営為があって、
    はじめて我々現代に生きる人間は接することができる。
    さらに、単に古儀を墨守してきたわけではなく、それぞれの時代に合わせて、
    必要に応じて変化しながら受け継がれてきたもの伝統文化を生み出してきた。
「イノベーション」とは、

新しいものを生産する、あるいは既存のものを新しい方法で生産することであり、
生産とはものや力を結合することと定義される(『経済発展の理論』Schumpeter)。
伝統文化には、必ず生み出された瞬間があり、また優れた普遍的な価値観を持つ文化として消化させたクリエイターたちは、
常にその時代の最先端の文化を創造していた。
本研究センターでは、上記を具現化する伝統文化におけるイノベーションの創造を目指す。
(参考文献:茶道教養講座①『伝統文化』/野村朋弘/淡交社)。

○ KYOTO T5のすること(図)

○ メンバー

  • 尾池和夫(京都造形芸術大学 学長)
  • 小山薫堂(京都造形芸術大学 副学長)
  • 大野木啓人(京都造形芸術大学 前副学長)
  • 永田宙郷(ててて協同組合 共同代表)
  • 八幡はるみ(京都造形芸術大学 教授)
  • 酒井洋輔(CHIMASKI / Whole Love Kyoto)
  • 一澤信三郎(一澤信三郎帆布)

○ 研究センター長

  • 酒井洋輔(CHIMASKI / Whole Love Kyoto)

○ 事務局

  • 吉田大作(京都造形芸術大学 大学事務局長)
  • 遠藤香澄

○ 研究員STUDENTS

  • 竹之内春花       溝部千花
  • 鈴木日奈惠       岸直輝
  • 久米香織        崎山紗己
  • 川口水萌        森田美咲

※ 研究員募集についてはこちら

○ CONTRIBUTORS

  • ちょぼや(祇園)
  • 森本錺金具製作所(五条西洞院)
  • 一澤信三郎帆布(祇園)
  • 京都能面工房(五条烏丸)
  • 山本合金製作所(丹波口)
  • 石川漆工房(伏見)
  • 開化堂(五条河原町)
  • 祇園甲部(祇園)
  • 宮川町お茶屋組合(宮川町)
  • 京都職人工房(五条)
  • 宮川町お茶屋組合(宮川町)
  • 唐長(修学院)
  • 岡崎清光堂(麸屋町)
  • 阿以波(柳馬場)
  • 江南(問屋町)
  • 箱藤商店(五条)
  • TOMARU
  • ホソカワ(下鴨)
  • 八幡染色(西洞院)
  • 辻和金網(御所)
  • 美濃里 柳瀬商店(柳馬場)

○ KYOTO T5 Year book請求

KYOTO TRADITIONAL CULTURE INNOVATION LABORATORY(KYOTO T5)は、
1年に1度活動報告書を作成し、関係者およびこれから関係しそうな方々に配布しております。
ご希望の方は こちら より登録をお願いします。送料着払いにて送付いたします。